忍者ブログ

主にSylphサーバーで活動するバリスターfyinoのブログです。ょろ(o'ω'o)人(o'ω'o)しゅぅ
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/02 Alfron]
[03/17 ホルン]
[11/17 millfe(ry]
[11/15 fyino]
[11/15 Alfron]

10.22.18:45

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/22/18:45

03.31.14:02

退きますか?攻めますか? 

ブログリンク追加しました~

Sylphのバリスターのブログも追加しましたよ!

ワ━イ!! ヾ( o・∀)ノ゙ヾ(o・∀・o)ノ゙ヾ(∀・o )ノ゙ ワ━イ!!



今日もちょっと指揮について書きますょ!


点差が圧倒的に負けているが、相手はほとんどペトラを持っていない!

こんな時は攻めて相手のペトラを減らしたり、掘らせなかったりするか、

退いて味方のペトラを増やすべきか、悩んだりするかもしれません。


そんな時は

1.味方がGBを取れているなら掘り中心。
2.取れていないなら攻め中心。

当たり前といえば当たり前ですね。

で、ここからです。

中心と言っても退ききる、攻めきる、ではペトラかGBどちらかが足りなく

なります。

バリスタでは集団行動が基本となっていますが、あえて2つに味方を

わけるのです。つまり、掘りは堀り組に任せ、攻めは攻め組に任せる。

攻め組がGBを供給しながら敵のペトラを管理する。

掘り組がペトラを貯めながら攻め組のサポートをする。

こうなります。

ポイントは指揮者が両組の割合を決定し、両者の配置を明言することです。

掘り組はGBが届くが、あくまでも安全な位置で。

攻め組は掘り組のサポートを受けられる位置だが、確実に敵の前線を乱せる

ところまでもぐりこむ。

つまり、指揮者は掘り組の進退を上手く指示してゆきましょう。


バリスタは団体戦ですが、勝ちたいという人以外も参加します。

倒せればいいと言う人たちですね。

そういう人達も指揮者は上手く扱えなくてはなりません。

こういう役割を見出せる戦略は全体の士気をあげれます。


勝つ為には、退いて戦闘を極力かわす戦いも数回に一戦はでてきます。

そういう試合では、倒したいだけの人にストレスが溜まり、バリスタへ

の意識が低下してしまいます。


指揮者は、その一戦ごとの士気だけでなく、バリスターのバリスタへの

士気への気遣いもしていくと、あなたのサーバーのバリスタの

レベルも上がり、全体の雰囲気も良くなります。


そこまで配慮した指揮を出してみるのはいかがでしょうか。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら